Kasuri cap



福岡県久留米の伝統工芸品である久留米絣を使い、Nine Tailorにて別注した6パネルキャップです。






(Grey)

「絣」は日本を代表する伝統的な木綿織物で、名前の「かすり」は、織られる際に柄がかすれて見えることから「かすり」と名付けられたと言われています。






(Navy)

久留米絣の特徴は、くくり染めをした経糸と緯糸を合わせた複雑な柄の素晴らしさと着用するたびに肌に馴染む風合いの良さがあります。





絣の染色は藍染(徳島県産の藍草を使用)で落ち着いた紺色がほとんどでしたが、最近は化学染料を使い様々なカラーが出来るようになりました。





久留米絣は、長く使用するほどに本当の良さがわかります。
一度着用していただくと冬は暖かく、夏は涼しく過ごすことのできる織物です。





生地は30/2 x 10/1スラブの久留米絣を、ツバにはソフト芯を使用し柔らかな印象に仕上げました。
スタブとは糸のところどころに長めの比較的大きな節(ふし)をつくった糸のことで、節糸ともいいます。
生地の表面に節のような斑(まだら)ができるのが特徴です。

【brand】
Nine Tailor(ナインテイラー)x VA-VA(バーバ)

【color】
Grey , Navy

【material】
cotton 100%
Belt : cow leather

【SIZE】
size free(サイズ調整可)

Made in Japan

日本の風土と暮らしの知恵から生まれ磨かれた久留米絣は昭和32年には重要無形文化財に、昭和51年には伝統工芸品の指定を受けています。
型番 VC001
在庫状況 3
販売価格
10,000円(税込11,000円)
color
購入数