ハッカ油スプレー



北見ハッカ油[北海道]

世界のハッカ栽培は、BC3000年頃から始まり、日本には2000年以上も前に中国から渡ってきたとされ、
10世紀には山菜として貴族の食卓に、室町時代には薬種として用いられたという記録もあります。



ハッカ草は、刈取りの後「はさ掛け」で乾燥させ蒸留、精製することでハッカ油やハッカ脳が得られますが、
その原料は菓子その他食品、貼り薬などの医薬品や歯磨き粉の原料として活用されています。



日本では特に、北海道北見地方において昭和15年前後には世界シェアの70%以上を占有する農作物でありました。



本品はハッカ草(ミント)から蒸留抽出した天然の食品添加物です。
お菓子や紅茶、リキュール等食品の香料にご使用頂けます。



マスクやオシボリ、ハンカチ等の着香料としても使え、爽やかな香りが嫌な臭いを抑えてくれます。
また暑い季節には濡らしたタオルに使用するとひんやり感がアップします。



ハッカの香りは虫除けや汗、体臭のデオドラントとしてもお使いいただけますのでアウトドアのお供にも最適です。



アロマオイルとしてもお使いいただけますのでお部屋の香りやお風呂に数滴垂らすなどリラックスタイムにもオススメです。

[商品名] ハッカ油スプレー
[原材料] ハッカ油
[内容量] 10ml
[原産国] 日本(原料調達先:インド)

ハッカ油シリーズの容器は全てガラス製ですので、お取り扱いにご注意下さい。
但し、ハーブオイル特有の「酸化しやすい性質」と「異物混入防止」等を加味し「遮光ビン」ではなく、
ビーカーや試験管等に使用される「耐熱・耐酸性」の「理化学用ビン」を使用しておりますので、安心してご利用頂けます。

※使用頻度によりポンプ部分が目詰まりを起こす場合もございますので、2〜3年を目安にご使用ください。

型番 スプレー
在庫状況 6
販売価格
1,000円(税込1,080円)
購入数